ニュース&トピックス

平成30年度「安全衛生協力会総会」及び「安全衛生大会」を開催いたしました

安全衛生協力会総会

前年度の決算報告、今期の予算・事業・役員が決定致しました。
今年度の優秀安全標語として、(株)オーテック  津田様の
「災害は慣れと過信と油断から せまる危険は予告なし 意識を高めて 災害ゼロ!」
に決定致しました。

安全衛生大会

安全衛生委員会 委員長 佐野宏和 挨拶より


本日は年度初めのお忙しい中、当社安全大会に御出席頂きましてありがとうございます。
また、日頃より当社の安全衛生への取組につきましても、多大な御理解と御協力を頂きまして、厚く御礼申し上げます。
当社の昨年度の安全成績は、皆様の御協力を頂き、無事故・無災害を達成することができました。
しかし、建設業全体では労働災害の状況は長期的には減少傾向にありますが、現在でも全労災の中でも死亡者数の一番多い状況となっております。
建設業においては、引続き自然災害からの復旧・復興工事、防災・減災の為のインフラ整備工事、2020年東京オリンピック・パラリンピック関連工事による工事量の増加がみられます。
さらに技術者、技能労働者の不足や高齢化、また最後に掲げる新規参入者の教育などの問題を抱えております。
このような状況においても労働災害が増加するようなことが無いよう、リスクアセスメントの確実な実施、職長・安全衛生責任者の能力向上教育をはじめとする各種安全衛生教育の実施、建設現場におけるメンタルヘルス対策や働き方改革など多角的な対策を行う必要があります。
本日の安全衛生大会を機に、安全衛生の取組につきまして、弊社社員、並びに協力会社の皆様にも、よく検討し、理解して頂き、現場での安全活動をより活発なものにするため、より一層の御協力をお願い致します。
結びに、本日お集まり頂きました協力会社の皆様、並びに弊社社員、関係者の御安全と御多幸を祈念致しまして、挨拶とさせて頂きます。
本日は有難う御座いました。


今年度の安全スローガン「忘れるな!ルールがある事 守る事 心を引き締め ゼロ災害」を掲げ、今年度も引続き無事故・無災害を目標として取組んで参ります。
また、全国土木建築国民健康保険組合 仙台健康支援室 管理栄養士 三浦様より、特別講演として「栄養講和」を実施し頂き、「食事で心も体も健康に〜ビジネス食事学」として食事と健康について御講演頂きました。

アーカイブ

このページの先頭へ戻る